ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 病気

子供だけの病気じゃない!大人の手足口病は辛過ぎる!?

手足口病ってご存知ですか。お子さんがいない家庭では、あまり聞きなれない疾病かもしれませんね。
そう、手足口病とは90%が5歳以下の患者という、一般的には「子供の病気」なんです。

ところが、成人が手足口病にかかってしまうケースもあり、一概に子供の病気と決めつけるわけにはいかないのです。
しかも、成人が手足口病にかかると、それはもう辛過ぎるんです…。

知っておきたい!手足口病の症状

38℃くらいの発熱と、手のひらや足の裏、口の中などに発疹ができます。
子供の場合は、この発疹が少しかゆいくらいで、それほどは辛くないのが一般的。

ところが成人の場合、「かゆい」じゃなくて、「痛い」んです!

発熱も高熱になってしまう場合が多く、手や足が腫れ上がって、動くことすらままならなくなることも。
さらには喉に激痛が走り、水すらも飲めなくなってしまうケースが。そうなってしまうと、栄養補給すら困難になってしまいます。

手足口病の対処法

大人は重症化しやすい疾病ですが、残念ながら特効薬がない現状です。
かかってしまったら、自然治癒するまでの1週間~10日ほど、ひたすら耐え忍ぶしかありません。

では、もしものときのために、少しでも症状を緩和するポイントを押さえておきましょう。

口内へは

口内の水泡には、イソジンや塩水でのうがいが有効です。
重症化した場合は、口内炎治療薬を用いてください。

痛みで水分補給がままならない場合は、スポーツドリンクを凍らせて口に含む方法がおすすめです。痛みが和らぎ、栄養や水分の補給になります。

手足には

手足のかゆみが軽い場合は、市販のかゆみ止めでも有効です。
かゆみがひどくなってしまった場合は、医療機関で抗ヒスタミン薬などを処方してもらいます。
保冷材などで冷やす方法も、一時的にですが楽になります。

高熱には

熱が高くなった場合は、安易に市販の解熱剤を使わずに、必ず医療機関で診断を仰ぐようにしてください。
発熱はウィルスへの防御でもあるため、個々に合った処方が大切です。

手足口病を予防するには

風邪やインフルエンザと同じく、飛沫感染、接触感染が主な感染経路です。
つまり、風邪やインフルエンザと同じように、マスクの着用や手指の消毒が一番の予防になります。

オムツのお子さんがいる場合は、感染している子供の糞尿から糞口感染する場合もあります。
オムツ交換の際には、十分に注意を払い、必ず手指を徹底洗浄するようにしてください。

手洗い、うがいが大事

子育て中のママには、特に気を付けて欲しい手足口病。
これからの季節は、風邪やインフルエンザも急増してきます。普段からしっかりと、手洗いやうがいを心がけてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事