ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2015/12/10

 健康法

ビタミン豊富!甘いみかんを見分ける裏技とは?

手軽にビタミンが取れるみかんは、食べやすく、美容にも健康にもとても良い果物です。
この季節は、たくさんのパッケージで販売されています。

しかし、どれを購入すれば良いのか迷いますよね。
美味しくて甘いみかんの簡単な見分け方についてまとめてみました。

甘いみかんの見分け方とは、果実の見た目

みかんの色

パッと見てわかるのは、果実の色が赤っぽく濃いみかんが甘くて美味しいみかんです。
薄い肌色に近い黄色のみかんよりも濃いみかんは、果実が成熟した証である、カロチノイドという色素成分があるためです。

みかんの形

みかんの形を見てください。
横に平たくなっているみかんは、甘い傾向にあります。
縦に丸まったものより、平たいものがおすすめです。

表面の菊模様

表面がボコボコして菊の花のような状態のものが、とても甘みがあります。
見た目には、あまり美味しくなさそうに見えますが、実は、畑の水分が少ない時にできるボコボコで、中身が充実した甘さに成長した証拠なのです。

表面のブツブツ

果皮のブツブツした油脂部分が小さくてたくさん並んでいる状態は、みかんが甘くなっているサインです。

健康第一!2016年も丈夫な身体でハッピー生活!

その他の見分け方

ヘタの色合い

みかんの頭部分のヘタの切り口が、薄い方が甘くて良いみかんだと言えます。
みかん果実についている軸が柔らかいと甘く、完熟を意味します。
しかし、しっかりと硬い軸だとヘタの緑色も濃くなり、甘みが少ないみかんになります。

表面の傷

また、擦り傷が少しできているみかんが中にはあります。
見た目には悪く、つい避けてしまいますが、実はこれは葉が擦れてできた傷です。

毎日、陽の光が当たり、風が程よく吹く良い場所に実が成っていた証拠。
光をたくさん浴びた果実は、光合成が盛んに行われて果実の糖分が蓄えられています。
ジューシーで、甘みも多いでしょう。

大玉と小玉

また、大玉よりも中玉の方に全体的な味のまとまりがあり、おすすめです。
大玉のみかんは、どうしても水っぽいものがあります。
また、小さすぎるみかんは酸味も多く、酸っぱい可能性もあります。

中玉程度のみかんを選ぶと良さそうですね。

みかん種類いろいろ

スーパーで手軽に購入できるみかんですが、スーパーにも色々な種類のみかんが並んでいることに気が付くのではないでしょうか。
みかんと言えば定番は、温州みかんです。
甘くコクがありたっぷりの果汁があるのが特徴です。

他に、果肉が柔らかく果汁が豊富なイヨカン、皮が厚く糖度の高いポンカンがあります。
温州みかんの甘酸っぱさとオレンジの香りを合体させたような清美、清美にポンカンを掛け合わせた爽やかな甘みのデコポンなどがあります。
これらもみかんに負けず、ビタミン豊富な柑橘類です。

みかんは、甘いから太るといった声をよく耳にしますが、実はみかんは1個45kcalしかありません。
ビタミン、食物繊維やミネラルも豊富な優秀フルーツです。
手軽に購入できるみかん。
しっかりと甘いみかんを見分けて、風邪から体を守りましょう。

>>何歳になっても風邪に負けない強い身体を作る

スポンサーリンク

関連記事