ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 健康法

健康・美容に良い特別なスープ、ハーバード式野菜スープとは?

「特別なスープをあなたにあげる、あったかいんだからぁ」というと、人気お笑い芸人のクマムシさんのネタです。
ところが、ネタだけの話ではなく、本当に健康と美容に良い特別なスープがあります。
そのスープこそが、「ハーバード式野菜スープ」と呼ばれているものです。

特別なスープ、ハーバード式野菜スープの正体とは

「ハーバード式野菜スープ」は、体の免疫作用と食べ物の栄養を研究してきた麻布医院院長の高橋弘医師が提唱しているスープです。
名前の由来は、高橋医師が名門ハーバード大学医学部元准教授だったことに由来しています。

ハーバード式野菜スープは、キャベツ、タマネギ、ニンジン、カボチャの4種類の野菜から作ります。
つまり、野菜と鍋などの調理器具さえあれば、どこの家庭でも簡単に作れる健康と美容のためのスープです。

ワンランク上を目指す、スープの作り方の2つのコツ

キャベツ、タマネギ、ニンジン、カボチャの4種類の野菜を鍋で煮詰めたスープですが、2つのコツがあります。

皮をむかない

1つ目のコツはニンジンもカボチャも皮はむかないということです。
なぜなら、皮ごとカットして煮込んだほうが健康や美容に良いとされる成分が多く摂れるからです。

しっかり煮込む

2つ目のコツは20~30分しっかりと煮込むことです。
なぜならば、健康や美容に良いとされる成分は野菜の細胞の細胞壁の中にあるので、そのままだと体に吸収されにくいからです。
じっくり煮込むことで、成分がしっかりと溶け出て吸収されやすくなります。

ミキサーで作る野菜ジュースとの違い

野菜の成分が健康や美容に良いなら、4つの野菜をミキサーでジュースにしたほうが簡単じゃないかと思われるかもしれません。
でも実際に抽出法や条件によって異なりますが、野菜スープは野菜ジュースの10~100倍もの抗酸化作用があるという報告もあります。
手間ひまかける分、それだけメリットがあるということです。

スープは食事の最初に飲むようにすると、血糖値が上りにくくなるのでお奨めで、スープは残さずに全部飲むようにすることが大切です。
スープの具はもちろんですが、スープの方に健康や美容に良いとされる成分の8~9割が溶け出していますので、しっかり全部飲みましょう。

健康・美容に良いハーバード式野菜スープの実力とは

「ハーバード式野菜スープ」は、体の免疫機能に働く成分が濃縮された形で入っている形になります。
したがって、臨床の場でも癌・糖尿病・高血圧・肝炎などの患者の食事にも利用されています。

ハーバード式野菜スープの機能性成分フィトケミカルとは

ハーバード式野菜スープに含まれている成分には、機能性成分があります。
これらの機能性をもった成分は、総称して「フィトケミカル」と呼ばれています。
赤ワインのポリフェノールや、トマトのリコピン、大豆のイソフラボン、茶カテキンなども機能性があるフィトケミカルと呼ばれています。

4つの野菜のフィトケミカルとは

ハーバード式野菜スープのフィトケミカルを4種の野菜ごとに考えると次のようになります。

キャベツには免疫を活性化させる働きがあるイソチオシアネートが多く含有されています。
タマネギには炎症を抑える働きがあるシステインスルホキシドが含まれています。
ニンジンとカボチャには抗酸化作用に優れたβカロチンが豊富に含まれています。

健康と美容に良い成分が凝縮されている「ハーバード式野菜スープ」は、家庭でも簡単につくれます。
「ハーバード式野菜スープ」は、いつまでも健康でいたい、若々しくいたい、美しくありたい、そんな人たちを応援する特別なスープです。

スポンサーリンク

関連記事