ケンサポ ケンサポ ケンサポ

   

 メタボリックシンドローム

メタボが改善?トマトジュースの知られざる効果とは?

20代を過ぎると代謝が低下するため、どうしてもお腹周りに脂肪が付きやすくなり、メタボにもなりやすくなります。
メタボは放っておくと脳梗塞や心筋梗塞につながるため、できるだけ早期に改善していかなければいけません。

そこで今回はメタボに効くトマトジュースの効果を紹介していきたいと思います。

トマトに含まれる栄養素とトマトジュース

トマトに含まれる栄養素

トマトは「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われるほど豊富な栄養素を含んでいます。
トマトの赤の色素であるリコピンやビタミンA・C・Eなどのビタミン類、カリウム、カルシウムなどのミネラル類など、多くの栄養素が含まれています。

トマトとトマトジュースの違い

生食用のトマトはビニールハウスで栽培されますが、トマトジュース用のトマトは完熟した真っ赤なものを使うために外で栽培されます。
そのため、栄養素によってはトマトジュースの方が多く含まれる場合もあるのです。

また、トマトジュースはトマトに比べて保存がきくため、手軽に扱いやすく、料理などにも使いやすいという利点があります。

メタボ改善とトマトジュースの効果とは

メタボを改善するには

メタボとは内臓脂肪型の肥満症に加え、高血圧・高血糖・高脂血症のうち2つ以上を併せて発症している状態のことです。

メタボになると動脈硬化が進み、脳梗塞や心筋梗塞などを発症するリスクが高まります。
動脈硬化を防ぎ、メタボを改善するためには、内臓に溜まる中性脂肪を減らし、血圧、血糖値を下げることが大事になってきます。

トマトジュースの効果

2012年に京都大学の研究によって、トマトには中性脂肪を減少させる効果があることがわかっています。

また、トマトジュースに豊富に含まれるリコピンは血液中の脂肪の増加を防ぎ、血糖値を下げる働きがあります。
さらに、カリウムには血圧を下げる効果があるのです。

このように、メタボ改善にトマトジュースが絶大な効果をもたらすことがわかります。

トマトジュースの効果を最大限に引き出すためには

無塩のものを選ぶ

トマトジュースは有塩のものと無塩のものが販売されており、メタボの人が有塩のものをたくさん飲んでしまうと逆に高血圧などを引き起こす可能性があります。

無塩ものが飲みにくく苦手な人は、塩を加えたり、オリーブオイルを足したりして少し味を変えてみると飲みやすくなるかもしれません。

夜に飲む

トマトジュースは夜、寝る前に飲むと効果的と言われています。
寝ている間にトマトのリコピンと夜に分泌が盛んになる成長ホルモンが作用し、代謝を促して脂肪燃焼が活発になるのです。

また、気づいた時に飲むのではなく、飲む習慣をつけて継続することも大切です。

さいごに

メタボ改善には運動するしかないと思われていた方も多いかもしれません。
もちろん運動することも大事ですが、トマトジュースを飲むだけでもメタボを改善できるかもしれません。

トマトジュースを飲むことによってダイエット効果や美肌効果も期待できます。
みなさんもトマトジュースを活用し、メタボを改善し、スリムなボディを目指してみませんか?

スポンサーリンク

関連記事