ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/02/08

 眼病

目の疲れは老け顔の原因。ブルーライトカットめがねの効果ってどうなの?

仕事中にパソコン、休憩中や通勤中もスマホ、そして帰宅してからもスマホやテレビにパソコンに…と一日中、私たちの目は酷使されています。

そんな現代に生きていれば目が疲れるのは当たり前、と我慢している方も多いですが、そのまま疲れ目を放っておくと、どんな危険性が待っているのでしょうか?
また、ブルーライトカットメガネの効果は実感できるものなのでしょうか?

眼精疲労の原因のひとつ、ブルーライト

パソコンやスマホなどのLEDディスプレイから出ているブルーライトが、目を疲れさせていると聞いたことがある方も多いでしょう。
ブルーライトは紫外線に近いほどの強いエネルギーを持っている光です。
それが私たちの目に入った時、短時間では気づかなくとも、長時間、しかもそれが毎日となるとダメージが蓄積されていくのです。

ブルーライトの体への影響

20151202-bluelight01

体内リズムが狂い、網膜へもダメージ

近年の研究により、私たちの網膜には、光の色や明暗を感知する視細胞だけではなく、体内リズムを整える受容体があることがわかってきました。
この受容体がブルーライトに反応し、睡眠障害など全身に影響を与え、また目に関して言うと網膜へのダメージなどを引き起こすのです。

眼精疲労で老け顔に?

でも、どうして疲れ目が老け顔につながるのでしょうか?
まず目が疲れるということは、目元の血行の悪化と同じことなのです。

目を酷使すると肩が凝りますよね。
これも同じことで、目元のみならず、肩や首などの血流が滞っている証拠。
肌細胞に必要な酸素や栄養を、充分に届けられなくなることにより、ハリの低下、シワやたるみを引き起こしてしまいます。

ブルーライトカットめがねは効果があるの?

20151202-bluelight02

近頃、話題のブルーライトカットめがね。
いろんな眼鏡屋から商品が出ていますが、実際効果はあるのでしょうか。

チカチカ感の軽減にも

ブルーライトカットめがねは、カットと行っても100%のブルーライトを遮断できるわけではありません。
ほとんどの商品が32%~50%ほどです。

それでも、かけていないときと比べると疲れが違うという声が多くなっています。
ブルーライトを軽減する他に、画面のチラつき、チカチカした感じやまぶしさを軽減してくれるので、それも目を守るのに役立っているのです。

めがねだけに頼らず、休憩も大事

今後、どれだけブルーライトカット率が高くなったとしても、目を使っている間は、程度の差はあれ常に目は疲れています。

仕事中、簡単にできる目の休め方として、2、3秒目を閉じ、軽く数回まばたきをすることを数セット行います。
わずかな時間で目を休めることができ、視力低下なども防止できます。

さいごに

目の疲労は現代病のひとつと言ってもいいほど。誰しも考えておきたい問題です。
気づいたら目元の疲れた老け顔…なんてことにならないように、ブルーライトカットめがねの使用や、目の休憩を意識することが大切です。

眼精疲労にはブルーベリーが効果的!
あなたも目の健康を見直してみませんか?
ブルーベリーサプリランキング」も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事