ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/01/13

 乳酸菌

乳酸菌の副作用は下痢やおなら?!その理由や対策方法とは?

なんでも「ほどほど」が大事と言いますよね。
そうと分かっていながらも、より早くより多くの効果を得たいがために、つい度を過ぎてしまって思うような効果は得られずじまい。
むしろ逆効果だった、なんて経験はありませんか。

乳酸菌の摂り過ぎも、例に漏れずの可能性も。
摂り過ぎにはご注意を。

乳酸菌に副作用はあるの?

乳酸菌は、摂りすぎると副作用が起こるのではと思っている方がいらっしゃいます。

実際のところは、副作用はないと言えます。

むしろ、摂りすぎても問題ないくらいです。
腸内を改善するのに必要とされている乳酸菌は、1日に5000億個~1兆個です。
市販のよく見かけるヨーグルト1個に含まれる乳酸菌は、約100億個。

摂りすぎないといけないくらいですね。

もしも、さすがにこれは食べ過ぎだろうという量を摂取したとしても、乳酸菌は毎日便として排出されます。
大量に摂取したとしても、1週間もすれば全て体の外へ出て行きます。

ただ、乳酸菌をサプリメントではなく、食品で摂る場合は注意が必要かもしれません。
その食品には乳酸菌以外の栄養素も当然のことながら含まれていますよね。

その栄養素によっては、その食品の摂り過ぎに気をつける必要がある場合もありますのでご注意ください。

また、牛乳のアレルギーがある方はヨーグルトなどの乳製品から乳酸菌を摂取するには注意が必要です。
ご自身の体に合わせて摂取して下さい。
味噌や漬け物、キムチなどの発酵食品にも乳酸菌は多く含まれていますので、そちらから摂取するのもオススメです。

乳酸菌を取るようになって下痢やおならが出るようになった。どうして?

乳酸菌を主に乳製品から摂取している方に、下痢やおなら、お腹が張るといった症状が表れることがあります。
これは、乳酸菌というよりも、乳製品に含まれる乳糖(ラクトース)という成分が原因といえます。

日本人には、この乳糖を分解するラクターゼという酵素が遺伝的に少ないと言われています。
ラクターゼが欠乏すると、消化不良や下痢などの乳糖不耐症という症状が表れます。
牛乳やヨーグルトを食べると、お腹の調子が悪くなるという方は乳糖不耐症の可能性があります。

乳糖不耐症は、牛乳などの食物アレルギーとは別物ですので、それほど深刻に捉える必要はありません。
乳製品を全く摂っては行けないという必要もありません。
ですが、乳酸菌の摂取方法としては、乳製品以外のものを取り入れることをおススメします。

効果的に乳酸菌を摂取するにはサプリがおすすめ!
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事