ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/04/12

 乳酸菌

乳酸菌で花粉症対策!その効果とおすすめ商品を紹介

「花粉症×乳酸菌」その効果や関係性は?

「花粉症に乳酸菌やヨーグルトが効くらしい」ということは、なんとなく知っているという方も多いかと思います。

こちらではどうして乳酸菌が花粉症に効くといわれているのか、どんな商品があってどれくらいの期間摂取したらいいのか、などについてご紹介していきます。
来年の花粉シーズンに向けてぜひお役立てください。

花粉症のメカニズム

花粉症はどのようにしておこるのでしょうか。

花粉が体内に入ると、花粉のことを「体にとって害のある敵・異物」と判断した免疫細胞が、体外へ排除するようにIgE抗体に命令を下します。
IgE抗体とは感染症防止などに有効な抗体で、ウイルスなどの微生物から体を守る壁のような存在です。

IgE抗体と花粉が結合すると肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が大量に分泌されます。その結果、くしゃみ、鼻水、涙などで、「体に悪いことをする異物」と判断された花粉が体外へ排出されるように症状が出てくるのです。

一見、複雑なメカニズムのように感じますが、問題なのは、「花粉のことを、体に害を与える敵」ととらえてしまう免疫細胞の誤作動です。
花粉はもともと人間の体に悪いことをする物質ではありません。

花粉のことを「敵である異物」と誤って認識されるがために、アレルギー症状が出てきます。これは体内で「Th1細胞」「Th2細胞」のバランス(免疫細胞のバランス)が崩れていることが大きな原因といえるでしょう。

花粉症を抑えるためには何が大切?

薬を服用するほかに花粉症対策として大切なことはなにかみていきましょう。
花粉症の症状を軽減させるためには、
1:体の外側での対策
2:体の内側からの対策
が挙げられます。

体の外側での対策

花粉シーズンに入った時に、体にできる限り花粉が入らないように、ふれないようにする対策です。
具体的にはマスクをする、花粉専用の眼鏡をかける、鼻の周りにクリームを塗って花粉が鼻に入ってこないようにするといったことがあります。
シーズン中は多くの方が取り入れている対策ですね。飛散が始まったら、体に入る花粉の量が少ないほどツライ症状も緩和されます。

体の内側からの対策

「花粉症のメカニズム」の項でふれたように、体内では1,IgE抗体が増えないように抑える、2,免疫細胞であるTh1細胞とTh2細胞のバランスを整える、ということで症状の改善が見込めます。
何よりも免疫細胞が誤作動を起こさないようにしていくことが大切です。

どうして乳酸菌やビフィズス菌が花粉症の改善に関係があるの?

では具体的に、乳酸菌・ビフィズス菌がどうやって花粉症に働きかけていくのかをみていきます。

乳酸菌・ビフィズス菌は「IgE抗体」を抑え、免疫細胞「Th1細胞」「Th2細胞」のバランス改善に役立つ!

乳酸菌には200以上の種類があって、それぞれに特徴があります。
その中でも特に花粉症の改善に効果があると最新の研究で明らかになってきた乳酸菌・ビフィズス菌の種類があります。

研究や実験の結果、効果の認められた乳酸菌・ビフィズス菌には、血中のIgE濃度を下げる働き、アレルギー反応を促すTh2細胞の活性化がおさえられる働き、免疫細胞のバランスの乱れを改善させる働き、が確認されています。

また、人の小腸は免疫システムの6割が集中してある場所です。乳酸菌、ビフィズス菌の力で小腸の働きを正常にしていけば、おのずと免疫システムも整えていけることが期待できるのです。

乳酸菌とビフィズス菌はこうした働きによってツライ花粉のアレルギー症状を緩和させるといわれています。

花粉症におすすめな乳酸菌・ビフィズス菌の種類と配合された商品のご紹介

花粉症の改善に効果が期待できると認められた乳酸菌・ビフィズス菌と、それらが配合された商品をいくつかご紹介していきます。

フェカリス菌

花粉症の症状である鼻水や目のかゆみの改善に効果的。
ほかの乳酸菌よりも大きさが小さいので一度にたくさんの量を摂ることが可能。殺菌し、死滅した状態で摂取しても高い効果を発揮することが判明。

フェカリス菌が配合されている商品

朝のYoo(乳酸飲料)/伊藤園
新ラクトーンA(指定医薬部外品)/アサヒフードアンドヘルスケア
乳酸菌EC-12(サプリメント)/久光製薬

L-92乳酸菌

アレルギー症状を引き起こすTh2細胞を活性化するTARCを抑える働きが認められた。

L-92が配合されている商品

アレルケア(サプリメント)/カルピス社

KW乳酸菌

マウスによる実験でTh1細胞とTh2細胞のバランスが改善し、血中のIgE濃度を下げることが判明。免疫力の強化やアレルギーを抑制する効果が期待できる。

KW乳酸菌が配合されている商品

小岩井KW乳酸菌ヨーグルト(ヨーグルト)/小岩井乳業

LG21

ピロリ菌に効果があるとされるLG21は、腸内環境を整えることで花粉症の緩和にも効果が期待できる。

LG21が配合されている商品

明治プロビオヨーグルトLG21/明治

ビフィズス菌bb536

花粉症患者44名に摂取してもらうテストで症状の改善が報告された。

ビフィズス菌bb536が配合されている商品

ビヒダスプレーン、ビヒダス低脂肪(ヨーグルト)/森永乳業

市販の乳酸菌を比較してみました!
詳しくはコチラをご覧ください。

シーズン到来の数か月前から長期的・継続的な摂取が大切!

花粉症対策として取り入れてみたい乳酸菌、ビフィズス菌。ではいつから飲み始めれば効果的なのでしょうか。

乳酸菌・ビフィズス菌は薬のように即効性があるものではありません。花粉シーズンに入ってから摂取してもあまり効果は期待できないでしょう。
早すぎると思ってしまうかもしれませんが、花粉シーズンに入る数か月前から継続して摂取することが大切です。

1か月前から摂り始めて効果があったという人や、半年前から摂り続けて効果を感じたという人もいて、効果がでるのにも個人差はあります。
もっともおすすめの方法は、通年で乳酸菌・ビフィズス菌を習慣的に摂取することです。

乳酸菌もビフィズス菌も花粉対策として有効なだけでなく、摂り続けることで腸内環境が整う、美肌にも効くなどの副次的に得られるメリットが多くあります。

花粉症に向けてだけではなく全体的な美容と健康のためにも毎日の生活に取り入れてみる価値はありそうですね。
効果的に乳酸菌を摂取するにはサプリがおすすめ!
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事