ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/01/13

 乳酸菌

最近見かける乳酸菌アイス!乳酸菌の効果は凍らせてもそのまま?

話題のヨーグルトアイス、フローズンヨーグルトについて知りたい!

近頃話題になっている、フローズンヨーグルトや乳酸菌が入ったアイスをご存知でしょうか。
セブンプレミアムからは、ヨーグルトを原材料として作られた「生きた乳酸菌が入ったアイス」という商品が地域限定で発売され、好評を博しました。(現在は販売終了しています。)スイーツとしてはカロリーが控えめなうえ、味や食感にも人気があったようです。

気になるのは「ヨーグルトを凍らせても乳酸菌は大丈夫なの?」という点です。
こちらではそうした疑問への答えと共に、乳酸菌の性質や、乳酸菌がどのように私たちの体へ働きかけるのか等についてご紹介していきます。

そもそも乳酸菌とはどんなもの?

乳酸菌とは、糖質を分解してたくさんの乳酸を作り出し、体にとってよい働きをしてくれる微生物のことを指します。

乳酸菌には200以上の種類があり、それぞれに特徴があります。
植物性乳酸菌と動物性乳酸菌という分け方もあります。植物性乳酸菌は漬物、みそ、しょうゆなどにふくまれており、動物性乳酸菌はヨーグルト、チーズ、乳酸菌飲料などに含まれています。

乳酸菌は人間の腸内に1億個から1千億個ほど存在するといわれています。
人間や動物の体内だけでなく、自然界にも幅広く存在していることも乳酸菌の特徴といえるでしょう。

乳酸菌はどうして体にいいの?

乳酸菌というと「体にいい感じ」「おなかにいい感じ」といった、漠然としたイメージをお持ちの方も多いかと思います。
「体によい働きをする善玉菌の代表」ともいわれる乳酸菌の働きについてくわしくみていきましょう。

「善玉菌」が体によい働きをしてくれるものなら、「悪玉菌」はどういった働きをするものなのでしょう。
悪玉菌にはウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌(毒性株)などがあります。これらはアンモニア、硫化水素、インドールといった有害物質を発生させます。悪玉菌は腸の腐敗をすすめるだけでなく、発がん性物質を作り出すなど体に悪い影響を与えます。

そこで目覚ましい活躍をするのが乳酸菌です。
乳酸菌が糖質を分解して乳酸を作り出すことで、腸の中を酸性にし、悪玉菌が増えないように抑えてくれます。
体全体の健康のためにも、常に腸内に善玉菌が多くある状態にしておくことはとても大切なことといえます。

悪玉菌の増殖を抑え、便秘・下痢の改善をする整腸作用も有名ですが、乳酸菌のもたらす大きな効果は実はそれだけではありません。
乳酸菌は腸の近くに集まっている人間の免疫システムを刺激して活性化します。この働きによって免疫力が高まり、多くの感染症にも強い体作りがしていけるのです!

乳酸菌は冷凍しても大丈夫なの?

乳酸菌が私たち人間の体にとってすばらしい働きをしてくれることは前述しましたが、「冷凍してしまっても乳酸菌は大丈夫なのか」ということが気になりますよね。
冷凍庫で凍らせてしまった場合、果たして乳酸菌はどうなってしまうのでしょうか。

乳酸菌には「熱に弱く、寒さに強い」という特徴があります。乳酸菌は冷凍状態でも生きられる能力を持ち合わせているのです。
凍らせると生きたまま活動は止まってしまいますが、死滅はしません。
冷凍された状態(アイス)のまま食べることで、乳酸菌が最も増殖・活動しやすい40℃前後(人の体温に近い温度)になり、再び活動を開始するのです。
乳酸菌は冷温に強く、活動しやすい温度は40℃前後で、それ以上温度が上がってしまうと数分から数秒で死滅してしまいます。

自宅で市販のヨーグルトを凍らせた時も同じことがいえます。
冷たいヨーグルトが苦手な方でも、常温もしくは人肌程度までなら温めて食べても乳酸菌の効果は期待できます。ヨーグルトを電子レンジで温める場合は40℃を超えないように気を付けましょう。

また、冷凍したヨーグルトを解凍すると、液体と分離した状態やダマ状態になって風味が損なわれてしまうことが考えられます。
ヨーグルトを冷凍した場合は解凍せずに凍ったまま食べることがおすすめです。

死んでしまった乳酸菌でも体にいい働きをするって本当?

生きたままの乳酸菌を生菌、胃酸や胆汁などにより死んでしまった乳酸菌のことを死菌とよびます。
生きたまま腸に届いた乳酸菌は糖質を分解して乳酸を作り出し、腸内を酸性にすることで悪玉菌の増殖をおさえます。

では死んでしまった乳酸菌・死菌は私たちの体に何か作用をするのでしょうか。
答えはYESです。
最近の研究で死菌にも効果があることがわかってきたのです。

生菌の働きとは異なりますが、死菌は生菌が退治した悪玉菌を吸着し、体外へ排出するという、食物繊維と似たような働きをするのです。
生きた乳酸菌が悪玉菌をやっつけて、死んでしまった乳酸菌が退治した悪玉菌を取って体外へ出す。
生菌でも死菌でもそれぞれにしっかりと働いてくれる乳酸菌はやはり優秀なのです。

ちなみにカルピスバーに入っている乳酸菌は死んでしまったものです。これは製造工程の最後で加熱処理がなされているためです。
この項でご紹介した通り、死んでしまった乳酸菌にも独自の働きがあります。効果や特性を期待する価値はあるといえますね。

乳酸菌とビフィズス菌はちがうもの?

同じ善玉菌で整腸作用をもち、ヨーグルトなどの製品に含まれているという、非常に似た側面を持ち合わせているため、ざっくりと「ビフィズス菌は乳酸菌の一種」といわれることもありますが、厳密にいうと乳酸菌とビフィズス菌は異なる微生物です。

ビフィズス菌も乳酸菌のように糖質を分解して乳酸を作るのですが、ビフィズス菌の場合、乳酸よりも強い殺菌力を持つ酢酸を多く作り出します。

人間の腸内には1兆個から10兆個のビフィズス菌が存在するといわれており、その数は乳酸菌より100倍以上も多いということも特徴的です。
乳酸菌の働きによりビフィズス菌が増えやすい腸内環境にしていくことができます。
乳酸菌もビフィズス菌も厳密には違う微生物と分類されますが、同じ善玉菌として私たちの体によい働きをしてくれるものなのです。

コンビニで買える!江崎グリコBifixフローズンジェリー

ここで江崎グリコより発売されている、生きたままビフィズス菌を腸まで届けられるアイス・Bifixフローズンジェリーについてご紹介していきましょう。

Bifixフローズンジェリーは、グリコが独自の研究で見つけ出したBifixというビフィズス菌を凍らせてアイスにしたスイーツです。
ビフィズス菌Bifixは生きたまま腸に届くだけではなく、腸の中で摂取した10倍以上にビフィズス菌の数が増えるという、まさにミラクルなビフィズス菌なのです!

もちろん冷凍した状態でも乳酸菌と同様、ビフィズス菌の特性はそのまま保持されています。
マルチタイプのヨーグルト味なら脂肪ゼロで1本当たりのカロリーは48kcal。ダイエット中の方でも安心して取り入れられそうですね。

乳酸菌、ビフィズス菌のチカラを健やかな体作りに取り入れてみよう!

乳酸菌やビフィズス菌のチカラをあなたの健やかな体作りのために生かしてみませんか?

□便秘や下痢で悩むことが多く、腸内バランスという言葉が気にかかる
□風邪や感染症に強い体作りがしたい
□年齢とともに健康への意識が高まってきた

上記に一つでもあてはまるような方には特におすすめです。

リーズナブルで手に入りやすいので手軽に始められるのも魅力的といえますね。

効果的に乳酸菌を摂取するにはサプリがおすすめ!
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事