ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/01/13

 乳酸菌

乳酸菌飲料の効果って?殺菌済みでも効果はあるの?

乳酸菌飲料とは何か?

乳酸菌といえば、お漬物やチーズ、ヨーグルトなどの発酵食品に含まれ、食品の保存性を高めて味を良くする働きが知られています。
乳酸菌i飲料を摂ることは身体に良いと言いますが、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。
ヨーグルトや乳酸菌飲料の場合、生きたまま腸に届く菌と、腸に届く前に死んでしまう菌の両方が使われますが、死んだ乳酸菌を摂取することにも何か意味はあるのでしょうか?
案外簡単に健康効果が出る方法があるのに、その理由を知らない為に、興味も持てず試す機会が無いとすれば、もったいないことです。

そこで、なぜ乳酸菌飲料を摂ることで健康になれるのか、その理由を御紹介させていただきます。

発酵が作る酸味と栄養価値

乳酸菌飲料というと、ミルクに何らかの酸味を添加した飲み物というイメージがあるかもしれませんが、乳酸菌飲料とは、乳酸菌という微生物を含む飲み物のことを言います。乳酸菌は糖分を摂取して乳酸を生成する細菌の総称です。乳酸菌飲料の酸味は、乳酸菌がエサである乳糖を含むミルクからエネルギーを得る過程で出来たものです。乳酸菌は、動物性のミルクのみにかかわらず、野菜や穀物などの植物にも、ヒトや動物の体内にも、空気中や土中にも、あらゆるところに存在しています。この乳酸菌は食物を発酵させる発酵菌の一種で、乳酸菌の働きで発酵した食品は、味に変化が出て美味しく感じられ、腐敗菌の発生を抑えて保存性も高く、ビタミンも作られ栄養価は高くなり、人間にとって食べて安全な有益なものに変わっています。
ミルクからはヨーグルトが出来、ヨーグルトから乳酸菌飲料は作られます。

ヨーグルトと乳酸菌飲料の違い

乳酸菌の数は健康効果の目安になりますが、製品に必要とされる乳酸菌の数が法律で規定されています。無脂乳固形分が8%以上あるものは、固形でも液状でもヨーグルト(発酵乳)と分類され、無脂乳固形分が8%未満3%以上のものは乳製品乳酸菌飲料に分類されます。ヨーグルトも乳製品乳酸菌飲料も、共に加熱殺菌前の乳酸菌(または酵母)の数は1mlあたり10.000.000個以上と規定されています。無脂乳固形分が3%に満たない乳酸菌飲料は、1mlあたりの乳酸菌(または酵母)の数は1.000.0000個以上と規定されています。

生きる菌と死んだ菌の違い

乳酸菌飲料は、発酵が進むと風味が変わり製品の品質が不均一になるなどの理由で殺菌処理されるものと、ヤクルトのように生菌のまま消費者に届くものがあります。ヨーグルトは殺菌処理をされることはあまりありません。菌が生の場合、菌の種類によって、例えばビフィズス菌やヤクルトのL.カゼイ・シロタ株、ガセリ菌、ラブレ菌などの植物由来の乳酸菌等、胃酸や胆汁に耐えて腸まで生きて届くものもありますが、通常多くの乳酸菌は消化過程で死んでしまいます。
通常の乳酸菌は酸に弱く、食後の胃液の薄い時に摂るのが良いといわれ、又、酢と一緒に摂らない方が良いともいわれています。
又、通常の乳酸菌がもっとも繁殖する温度は40度位で、それを超えると死滅してしまいます。菌によっては37度位で死滅する場合もあります。生菌を生かして摂りたいならば温度にも注意が必要です。
尚、元々腸に住んでいる乳酸菌や、生きて腸に到達した乳酸菌を腸の中で元気に増やすには、水溶性食物繊維も必要です。

善玉菌を増やし免疫力を向上させる

腸内で生きて届いた乳酸菌は腸内で酸を作り悪玉菌の増殖を抑えます。一方、死んだ乳酸菌も白血球を刺激して免疫力を高め、腸内で生きている乳酸菌のエサとなり、善玉菌の繁殖に貢献します。善玉菌が増えると悪玉菌はその分減ります。腸内で悪玉菌が繁殖すると、有害物質が発生し、毒素が全身を巡り、病気や老化を引き起こしますが、乳酸菌は、腸内で生きていても死んでいても酸を作り、悪玉菌が住みにくい環境に腸を整え、健康に役立ちます。乳酸菌をとるとビフィズス菌など善玉菌が優勢の腸内環境になり、免疫力が向上し、便秘解消デトックス(毒素排泄)効果もあり、肌荒れ改善、癌予防など、様々な効果が見込めます。

乳酸菌の乳糖分解酵素がお腹に効く

牛乳を飲むと下痢や腹痛、消化不良を起こす乳糖不耐症は日本人には多く、乳糖(ラクトース)の消化酵素(ラクターゼ)が不足して、乳糖が小腸で分解されないまま大腸に運ばれることが原因です。大腸の細菌によって乳糖が分解されると、腸内に水素ガスが発生し、腸壁からは水分が染み出し、菌が酸を出すと大腸は刺激され、蠕動運動も強まります。牛乳の代わりにヨーグルトなどで生きた乳酸菌をとれば、乳酸菌自体が乳糖分解酵素を持っている為、乳糖は小腸で分解され、乳糖不耐症の症状が出にくいといわれます。生菌の乳酸菌飲料にはお腹の調子を整える効果が期待できます。ラクトースには、カルシウムやマグネシウムの吸収を促進する働きと、乳酸菌の栄養源となり、乳酸菌などの腸内善玉菌を増殖させる働きがあります。

さいごに

腸内環境が悪い方は、通常の食事で乳酸菌を摂るのが不得手なのではないでしょうか。腸内の乳酸菌が少ない時は、体外からより多くの乳酸菌を補給する必要があります。乳酸菌は摂っても通常1週間以内、菌によっては最長でも90日ほどで体外に排出されてしまうので、毎日出来るだけ多くの乳酸菌を補給することが望ましいのです。乳酸菌飲料には一定数の乳酸菌が入っていますので、確実に乳酸菌が補給出来、乳酸菌の働きで免疫力が強まり、全身の健康に役立ちます。

効果的に乳酸菌を摂取するにはサプリがおすすめ!
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事