ケンサポ ケンサポ ケンサポ

      2016/01/13

 乳酸菌

乳酸菌の種類って色々…。主な種類と特徴をご紹介!

さまざまな効果が期待され、最近ますます注目を浴びている乳酸菌。有名な女優さんやモデルさんの中にも毎日欠かさず摂っている人がたくさんいます。
今や、便秘予防効果だけにはとどまらない乳酸菌を摂取したい…そう考えてみると、あれあれ?乳酸菌ってこんなに種類があるの!と驚いてしまうくらい種類があることに気づきます。
そうです。実は一言で乳酸菌といっても、その数は数百種類もあるんです。
では、数ある乳酸菌の中からどれを選べばいいのか、自分に合った乳酸菌を知っておきましょう。

乳酸菌の基礎知識

乳酸菌とは、糖を分解することで乳酸を作り出すことができる微生物の総称です。
ヨーグルトなどの乳製品だけでなく野菜の発酵食品などにも存在していて、「作り出す代謝物の50%以上が乳酸である」「グラム染色すると陽性(青)になる」など、いくつかの定義に当てはまることで「乳酸菌」と呼ばれることができます。

乳酸菌の種類と効果

そのいくつかの定義をクリアして乳酸菌と呼ばれることになった微生物には、さまざまな効能や特徴があり、決して同じではありません。乳酸菌ならどれでも同じと考えては、自分が求めている症状改善にはつながりません。
ではより高い効果を得るためにはどの乳酸菌がいいのか。わかりやすく効果別に、有名な乳酸菌をまとめてみましょう。

便秘に効果的な乳酸菌

■ビフィズス菌
誰もが知っているビフィズス菌。人間の体内に最も多く存在しています。ところが、加齢や環境の変化などで減少していく場合が。
腸内環境を整える働きがあり、乳酸を作り出すだけでなく酢酸も生成することができるので、便秘の改善などの整腸作用に大きく作用します。

■乳酸菌シロタ株(ヤクルト菌)
ヤクルトと聞けば、知らない人はいませんよね。そうです、あのヤクルトに使われている乳酸菌です。
胃液などの消化液にも非常に強く、生きたまま腸内まで届いたあとはビフィズス菌を増やす働きをして腸内環境を改善してくれます。

■ラブレ菌
生きたまま腸まで届き、悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。
便通を整えるだけでなく、ガンやエイズといった病気を予防する働きにも優れています。

アレルギーに効果的な乳酸菌

■フェリカス菌
免疫力をアップし、花粉症などのアレルギー改善に効果があるとして注目されています。
EC-12やFK-23などがあり、こちらの名称で記載されている場合もあります。

■KW乳酸菌(乳酸菌KW3100株)
キリングループが発見した乳酸菌で、細胞レベルからの体質改善が期待できます。
アレルギー状態のときに免疫バランスを整え、アレルギー症状の緩和、免疫力アップの働きをしてくれます。

■L-92乳酸菌
カルピス社が発見した乳酸菌で、抗アレルギー作用、花粉症緩和作用ががあり、アトピーにも症状緩和が期待できます。
インフルエンザウィルスの感染防御の作用も確認されています。

■BB536
乳児から発見された、ヒト由来のビフィズス菌。
生きたまま腸まで届きやすく、花粉症に効果が高いとされています。

ウイルスに効果的な乳酸菌

■R-1乳酸菌
ブルガリア菌の中から発見された乳酸菌。
とても画期的な乳酸菌で、腸内のナチュラルキラー細胞を活性化させてインフルエンザウイルスを退治してくれます。
数ある乳酸菌の中でも免疫力アップの力が特に高く、子供のインフルエンザ予防にも効果があると人気です。

■プラズマ乳酸菌(JCM5805株)
小岩井乳業とキリンが共同開発で発見した乳酸菌。
免疫細胞の司令塔にあたる、プラズマサイトイド樹状細胞を活性化させて風邪やインフルエンザに対抗力がある体をつくります。

■モラック乳酸菌
森永乳業が、保有する数ある乳酸菌の中から厳選した乳酸菌。
インフルエンザへの高い効果が期待されています。

動物性乳酸菌v.s植物性乳酸菌、その違いは?

乳酸菌は大きく分けると動物性と植物性の2種類があります。
動物性は牛乳由来のもので、代表格としてヨーグルトに多く含まれていますね。
植物性というとあまり馴染みがないように感じるかもしれませんが、実は日本人にはとても身近に存在しています。植物由来の乳酸菌は、お漬物や味噌にたくさん含まれているからです。
では、そんな動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いはなんでしょう。

動物性乳酸菌のメリット、デメリット

糖分の濃度が一定でないと生存しにくく、消化液などでも死滅しやすいので腸まで届きにくいのが大きなデメリットといえます。
植物性乳酸菌と比べると生命力が弱いといえる動物性ですが、摂取するメリットは大いにあります。死滅してしまった死菌自体にも、腸内の乳酸菌のエサとなって善玉菌を増やす働きができるからです。
また、さまざまな効果が期待できる乳酸菌が発見されていて、それらを腸まで届ける工夫がされたサプリも開発されています。自分のライフスタイルに合わせた乳酸菌をチョイスしやすいともいえます。

植物性乳酸菌のメリット、デメリット

生命力が強く、さまざまな微生物とも共存可能なところが大きなメリットといえます。生きたまま腸まで届いた乳酸菌は、死滅した乳酸菌と比べて10倍も整腸作用があるといわれています。
一方で、ヨーグルトやチーズといった動物性乳酸菌を含んだ食品と比べると、植物性乳酸菌を含んだ食品は栄養が豊富ではないのがデメリットです。

バランスが大事

では、生命力が高い植物性乳酸菌を摂ったほうが有益なのかと思われるかもしれませんが、そう単純なものでもありません。
前述した通り、乳酸菌といっても千差万別でそれぞれが大切な働きをしてくれます。
どちらかに偏ることのないように、バランスの良い食生活を心がけることがベストです。特に日本人の食生活は植物性乳酸菌を摂取しやすいので、少しの工夫でバランスが取れます。
その上で、自分に合った乳酸菌を上手に補強していくようにしましょう。

おわりに

乳酸菌は、私たちの体にとってとても大切なものです。でも、これから乳酸菌を率先的に…と思っている人にとって、種類が豊富な乳酸菌は頭を悩ませてしまいますよね。
でも難しく考えることはありません。まずは食生活の中で上手に摂取していくようにしましょう。
そして、自分が求めている効果の高い乳酸菌を選んで、効率よくサプリなどで補強すれば万全です。

効果的に乳酸菌を摂取するにはサプリがおすすめ!
あわせて「乳酸菌おすすめのサプリランキング」もご覧ください。

スポンサーリンク

関連記事